リトルママとRcomプロ10での孵卵結果

Amazonにて購入したうずらの有精卵30個を2017年7月5日夕方からリトルママ(7個)Rcomプロ10(23個)にて孵卵をしました。

7月22日にリトルママより7羽、Rcomプロ10より12羽孵化しました。
その後、7月23日に1羽孵化しました。その様子を動画にて撮影ができました。

孵化しなかった卵を割り状態を調べ、最終的な結果です。
孵卵したうずらの卵 30個
その内
孵化したヒナ 20羽
死ごもり卵(死篭り) 2個 ※孵化直前まで成長しているが孵化にいたらなかった状態
中止卵 4個 ※ある程度胚は成長しているが骨格の形成まではいたらなかった状態
無精卵 4個
となりました。
死ごもり卵と中止卵を減らせるのが理想ですが、今回は予定通りの日数で孵化している卵が63%あるので原因の究明が難しいです。
孵化する日数が早すぎたり遅すぎたりと偏りがあると孵卵器の設定を見直す必要があります。

※孵化率は親鳥の健康状態・卵の輸送状況・外気温・孵卵器など様々な要因から影響を受けます。今回ブログに載せている内容が再現可能とは限らないことをあらかじめご了承ください。

孵化したヒナ達は元気に育っていますが、27日現在2羽落鳥がありました。
ヒナは寒さに弱いので暖を取れるようにしてください。
水入れも濡れないようなものをご用意ください。
たとえ浅い皿でも横たわって全身濡れると一気に体温が下がり落鳥の恐れがあります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です