リトルママ 小型自動孵卵器を使ってウズラが孵化するまで 3

孵化には温度・湿度・転卵の3つが必要です。
リトルママはこの内、温度と転卵が自動で制御されます。
湿度に関しては右側の給水口に水を入れることで孵化に必要な湿度が保たれます。

孵卵器内の湿度が高すぎるとフタの部分に結露が発生することがあります。
その場合は給水口のフタを開けることで湿度が下がります。

転卵は自動で1時間に1回おこなわれます。
動画では片方の方向に回っていますがこの次の自動転卵では反対側に回るようになっています。

次の投稿へ。リトルママ 小型自動孵卵器を使ってウズラが孵化するまで 4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です