リトルママ 小型自動孵卵器を使ってウズラが孵化するまで 2

リトルママの孵卵が開始されると温度が徐々に上がってきます。
液晶画面の左側に表示されている温度は孵卵器の中の温度になります。
リトルママの設定温度は37.5℃になっていますが、液晶画面での温度表示は下一桁が省略されています。
ここは分かりづらくて申し訳ございません。(-_-;)

卵を入れる前に正常に孵卵器が作動するか孵卵器内に温湿度計を設置して確認することを強くお勧めいたします。ただし室温計測用の温度計には、35℃以上の高温から計測値が不正確になる物もございますので、37℃以上の環境でも正確に計測ができる温度計をご用意ください。

孵卵開始からおよそ1~2時間で設定温度に達します。
孵卵器内温度:37~38℃ 湿度:40~55%の範囲内であれば一般の鳥類の孵化条件となります。湿度に関しては6月以降ですと高湿度になりやすいので注意が必要です。
画像の状態ですとやや湿度が高いので少し様子を見て湿度が下がったのを確認してから卵を設置しました。

孵卵器内部が孵化条件になったら卵を慎重に入れます。
今回はおそらく一番手軽に用意できる方法としてAmazonにて販売されているうずらの有精卵を使用しました。スーパーで販売されているうずらの卵でも孵化が可能らしいですが、有精卵率が低いと思われるのでお勧めいたしません。
また今回使用したうずらの卵は黒いまだらがあるガラ付なので光による検卵が難しいです。
夏休みの自由研究などでは孵卵中の成長過程を見れることが良いと思うので、自由研究目的で孵化をする場合はガラのないヒメウズラやニワトリの卵をお勧めいたします。
ウズラの種卵はAmazon以外でもウズラ大学さんなど通販されている所があります。

次の投稿へ。リトルママ 小型自動孵卵器を使ってウズラが孵化するまで 3

ベルバードネットショップにてデジタル温湿度計を販売しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です