リトルママ 小型自動孵卵器を使ってウズラが孵化するまで 4

孵卵から1週間ほどで胚に成長が見られます。
うずらぐらいの小さい卵ですとスマートフォンのカメラ用ライトで検卵ができます。
画像では分かりやすいように明るい場所でおこなっていますが、暗い場所の方が卵の様子がよく見えます。
ニワトリの卵など大きい場合はスマートフォンではなく小型のLEDライトが適しています。

ガラ付きのウズラの卵など光による検卵が難しい場合、ベルバードにて販売中のBuddy Mk2で簡単に検卵ができます。
ただ、この商品は高額で水族館のペンギンの検卵など研究機関で使用されることが多いのでウズラの卵の為だけには考えにくいのですが検卵してみました。

今回の孵卵した卵ではないですが、Buddy Mk2の紹介動画です。

次の投稿へ。リトルママ 小型自動孵卵器を使ってウズラが孵化するまで 5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です