リトルママ 小型自動孵卵器を使ってウズラが孵化するまで 6

2017年7月5日夕方に入卵をして7月22日の朝には全て孵化していました。
7月21日の夕方の段階で嘴打ちはしていたのですが、まだもう少しかかるだろうと撮影の準備をしていなかったのは失敗でした。
本当は孵化するところを動画にしたかったのですが画像のみとなります・・・

購入した卵が30個だったため同時にRcomプロ10でも23個孵卵をしており、孵卵から1週目の検卵の段階で有精卵の可能性が高い卵をリトルママに入れたのですが、それでも7個全て孵るというのは出来過ぎな結果です。
少し良い結果を出そうとしたのが裏目に出てしまいましたが、普通は5~6羽孵れば良い方です。

※孵化率は親鳥の健康状態・卵の輸送状況・外気温・孵卵器など様々な要因から影響を受けます。今回ブログに載せている内容が再現可能とは限らないことをあらかじめご了承ください。

孵化の前日の嘴打ちをしている動画です。

孵卵器内での飼育は適していないので羽毛が乾いたヒナは育雛用の場所に移動させてください。
孵って間もないヒナには温かい場所が必要になります。
35℃ぐらいの場所を作るとヒナが寄ってきます。


その後、孵化の瞬間が撮影できました。
リトルママとRcomプロ10での孵卵結果


※孵化は様々な要因から影響を受けます。また、孵卵器は孵化を確約するものではありません。
当店では卵、孵化率に関してはいかなる場合でも保証はいたしかねますので予めご了承ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です